鮭とルッコラ・ピューレ

春になると、景色からの影響なのか、特に緑のものが食べたくなるのは私だけでしょうか?市場などには季節の葉物野菜たちが並び、家に帰って買い物袋を開けると、葉物ばかりだったりすることもしばしば。もちろん新鮮なうちに生で食べたりするのも簡単でいいのですが、茹でてお浸しやサラダにするのも大好きです。今回はアボカドとサッと茹でたルッコラをピューレにして、旬のアスパラガスを添えてみました。ピンクと緑の彩りが春らしく、お好みの付け合せ野菜やキヌア、卵と一緒に朝食やブランチにお勧めです。

所要時間:20分 難易度:簡単

材料 (2人分) 分量 下準備
生鮭 切り身 2切れ(100gx2) 身の方に軽く塩を振ってしばらく置く
ルッコラ 100g 洗っておく
アボカド 1個 種を取って皮を剥く
レモン絞り汁 大さじ1(約1/2個分)
レモンの皮 少々
青ねぎ 1本 ざっくり切っておく
香菜 ひとつかみ
アスパラガス 4本 袴の部分をピーラーなどで剥いておく
オリーブオイル又はお好みの油 大さじ1+ 仕上げ用
塩・こしょう 適量

一人分当たりの栄養価:たんぱく質 31g、炭水化物 17g(糖質 2g)、脂質 31g、繊維質 11g

<作り方>

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かす。沸騰したら、ルッコラをサッと茹でて水に取る。同じ湯でアスパラガスを1-2分茹でる。
  2. フライパンに生鮭を皮目側を下にして並べ、ひたひたの水(分量外)を入れて、中火にかける。沸騰したら火を弱め、8割色が変わったら、上下を返して火を止めて余熱で加熱する。
  3. しっかり絞って水気を切ったルッコラと、アボカド、青ねぎ、レモンの絞り汁、オリーブ・オイル、お好みでパセリなどを入れてフード・プロセッサーなどでブレンドする。塩・こしょうで味を調える。ここで少々しっかり目に味つけするのがお勧め。
  4. 器に3のピューレを入れて、レモンの皮を散らす。その上に鮭をのせてアスパラガスを添える。最後にオリーブ・オイル(分量外)を全体に少し回しかける。好みで香菜などを飾る。

生鮭の代わりに海老やスモーク・サーモンなども良いですね!香菜の代わりにバジルやパセリを使うと、 また違ったヴァリーションが楽しめます。

by Yasue

 

• • •

Yasue
神戸生まれ、ロンドン在住。プライベート・シェフ、出張料理人、ケータリング歴11年。主に、顧客の食事制限に合わせた食事やパーティ料理、料理レッスンなどを提供し、ニュートリショナル・セラピストとしても活動。2015年にNaturopathic Nutrition(ニュートリショナル・セラピー)、2016年にMetabolic Balance Coach(メタボリック・バランス・コーチ)の資格を修得。からだに優しい食生活を常に意識して、個々に合ったバランスの良いメニューをご提供できるように日々心がけています。特技はあるものを組み合わせて、国籍を問わない一品を作ること。趣味は陶芸、ヨガ、森林浴。
インスタグラムアカウント→ yyym1011
Youtubeで動画配信も始めました。よかったらこちらから→ご覧ください。